法人メディア向け

webライター 相場まとめ!クラウドソーシングと代行会社を徹底比較!

投稿日:

webライターの報酬は、1文字あたりどのくらいが相場なのでしょうか。この記事では、気になるwebライターの相場について、クラウドソーシングと代行会社の場合を比較してご紹介します。また、上記の2パターンにおいて、大まかな案件ごとの報酬もまとめてみました。

webライターの相場:クラウドソーシングの場合

instagram-image

cruiser813

まず、クラウドソーシングを利用したwebライターの場合、1文字あたりどのくらいの価格が相場なのでしょうか。

webライターの相場は1文字あたり0.5円~1円

1文字あたり0.5~1円の案件がほとんどでしょう。クラウドソーシングの場合、文字単価が1円を切ることが少なくありません。たとえば1文字0.5円の文字単価であれば、4,000文字の記事を書いた場合、原稿料は2,000円ということになります。中には、0.5円という金額を「少ない」と感じる人もいるかもしれません。

その理由として、クラウドソーシングには、webライター経験が少ない初心者も多く利用していることが挙げられます。初心者の場合、記事のクオリティや執筆後の修正などが入る場合もあるでしょう。特にクラウドソーシングの場合、ライターによってクオリティに大きくばらつきがあります。

最初から即戦力となるようなwebライター経験者であれば、クオリティが高く修正の少ない記事を納品してくれるかもしれません。しかし実際にどういった記事を書くのかは、ライターを募集する段階で判断するのは難しいでしょう。

そのため、本発注の前に記事を発注するか否かを決定するための「テストライティング」を実施することも少なくありません。また、テストに合格してもクオリティが安定するまでは、逐一フィードバックをしたり、記事の校正をしたりすることもあるでしょう。

さらに、クラウドソーシングでは登録しているそれぞれのライターとメッセージのやりとりをすることになります。できるだけ多くのライターに依頼したい場合、メッセージのやりとりもライターの数だけ増えていくでしょう。クラウドソーシングでwebライターを募集し、品質の高い記事が納品されるまでには、それなりの時間がかかるかもしれません。

専門分野のwebライター相場は高め

 

クラウドソーシングの中でも「医療」「IT」「金融」など、専門的な知識が必要な分野においては、文字単価が1円以上の場合もあります。案件にもよりますが、特定の分野における豊富な知識や経験がなければ書けないような記事は、書ける人が少ないため、相場も高めです。

また、インタビューや取材が必要になる記事も、通常のライティング記事に比べて文字単価は高いと言えます。

webライターの相場:ライター代行会社の場合

instagram-image

haku669787

次に、ライター代行会社の場合は1文字あたりいくらが相場なのでしょうか。結果をまとめてみました。

webライター相場は1文字あたり1.5円~10円

ライター代行会社に依頼する場合、相場は1.5円~10円程度です。クラウドソーシングの場合に比べて、ライター代行会社の相場にはかなりばらつきがあります。クラウドソーシングよりも、案件次第で相場が大きく変わるのがライター代行会社の特徴です。

クラウドソーシングの場合よりも文字単価が高い理由としては、まず依頼したい分野の専門知識をもったライターが執筆するため品質の高い記事が見込めること、またディレクターを通して複数のライターとスムーズにやり取りができる点などが挙げられます。

さらに、記事を執筆した後の校正や修正などもライター代行会社が管理・フォローしてくれるため、納品後の記事チェック作業といった手間も省けるでしょう。

SEOの対策もできるwebライターの相場は高め

ライター代行会社の中でも、さらにどの程度詳しい記事を書くのか、また書くだけでなくSEOの対策をどの程度行うかによって単価が変わってくる場合があります。ある分野について深い知識があるだけでなく、SEOに効果的な記事を書けるwebライターであれば、さらに文字単価は高くなるでしょう。

また、クラウドソーシングの場合と同じように、ライター代行会社においても高度な知識が必要な分野の場合、文字単価が高くなる傾向があります。この場合、クラウドソーシングよりも相場がさらに高くなるでしょう。ライターを生業とするプロに頼むのですから、クオリティが高い記事を期待できる一方、クオリティに見合うだけのコストがかかります。

まとめ

クラウドソーシングの場合、webライターの相場は0.5円~1円、またライター代行会社の場合は1.5円~10円程度が相場です。一概に相場と言っても、案件の内容によって文字単価にはばらつきがあることが分かりました。

依頼したい案件がどういった内容のものなのか。専門的な案件なのか、それとも専門的な知識が不要な比較的ライトな内容のものなのか。また、予算なども加味しながら、どちらを選ぶべきなのか判断することをおすすめします。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.