法人メディア向け

記事を外注するには?マニュアルの作成方法と外注の方法をご紹介します!

投稿日:

ブログ運営において記事の製作は必須ですが継続してすべて自分で用意するのは大変ですよね。

副業の場合、本業が忙しくて時間が取れないときや、サイトを複数運営するようになって記事の製作が追い付かないなど様々な理由で記事が製作できないときもあると思います。

ある程度記事の書き方を理解して良し悪しの判断ができるようになったら外注を考えてみるのも効率が良いのでおすすめです。

しかし、いざ外注してみようと思っても自分の思い通りの記事を製作してもらうための依頼の方法ってよくわからないですよね。

今回は記事を外注する際のマニュアルの製作方法とライターさんとのやり取りのコツやおすすめの依頼方法などをご紹介します!

 

記事を外注するにはどのように依頼したらいいの?マニュアルの製作方法を紹介!

直接ライターさんに記事を外注するにはこちらの書いてほしい内容を確実に伝える必要があります。そのためライティングマニュアルが必要になります。その内容はどのようなことを記載したらいいでしょうか?

最初は以下のような内容を記載したマニュアルを製作するのがおすすめです

  • キーワード
    必ず入れて欲しいキーワードを指定します。
  • 記事の目的、対象読者
    ブログの記事はある悩みを持った読者が検索してきて読まれることを目的にしますよね。Googleのガイドラインにも“ウェブサイトはユーザーの便宜のために構築するべき”との記載があります。具体的にどういう悩みを持って検索してきた読者に読んでもらいたい記事かを指示してあげると初心者のライターさんにもわかりやすくなります。
  • 記事の構成
    リード文
    見出し1
    見出し2
    見出し3
    小見出し1
    小見出し2
    まとめこのように記事の構成を示すと意図に近い記事を製作してもらえます。ライターさんが初心者の場合はタイトルや見出し文までこちらで指定するのもよいです。その反面、ここまで指定してしまうとライターさんの個性がなくなってしまう可能性もあるので構成をライターさんに考えてもらうのもアリです。その場合実際に記事を製作してもらう前に構成を打ち合わせするのがおすすめです。
  • 文体、ルール
    文体のルールを明確にすることも大事ですよね。
    せっかく外注して効率化を図っても手直しが多くてはメリットが減ってしまいます。
    例えば以下のようなルールを設定します。ですます調で書く
    数字はアラビア数字を使う
    3行目以上改行しないことがないようにする
    字数
    納品形式: Word形式やgoogleドキュメント形式など文章の雰囲気などを指示するために参考サイトや記事を紹介するのも効果的ですね。
  • 禁止事項
    無駄な手間を省くために禁止事項も記載しておきましょう。コピペは禁止!
    NGキーワード
    間違った情報を記載しないことこの程度でOKです。

こうしてみるとマニュアル製作って結構手間がかかりそうですよね・・・。マニュアルの出来は記事の質に与える影響も大きいのでしっかりできていないと外注代が無駄になってしまいます。

マニュアル製作に自信がない、面倒だなと感じる方には“記事製作代行会社”に依頼する方法があります!次は記事製作代行会社とはどのようなことをしてくれるのかご紹介します!

 

記事製作代行会社とは?マニュアル製作不要の外注方法を紹介!

記事作成代行会社といってもどのようなサービスをしてくれるのか気になりますよね。一般的には大きく分けて2種類のタイプがあります。

  1. 記事発注代行のみのタイプ
  2. 代行会社と相談して記事の内容を決めるタイプ

 

この2つをそれぞれご紹介していきます!

記事発注代行のみのタイプ

このタイプのサービスは主につぎのような工程を代行してくれます。

  • ライターさんの選考、契約
  • 納期の管理
  • 文章の誤字脱字などの校正
  • キーワードチェック
  • コピペチェック
  • 設定した文章ルールを満たしているかのチェック

こちらのタイプでは自分で直接ライターさんに発注するときほどではありませんが記事の目的やキーワード、対象読者などをある程度明確にしておかなくてはなりません。サグーワークスなどテンプレートを用意している会社もあります。

だいぶ手間が減ると思いませんか?文字単価は1~3円位が目安です。

代行会社と相談して記事の内容を決めるタイプ

このタイプの代行ではで紹介した工程に加え以下の作業も代行してもらえます。

  • SEOを考慮したキーワード選定
  • 記事の目的や対象読者の設定の相談

このタイプはマニュアルを自分で製作することなく代行会社と相談しながら要望を伝えていきます。代行会社は専門家なので自分が見落としているようなキーワードや記事内容の指示を提案してくれることも期待できるはずです!

SEOのキモとなるキーワードやペルソナ設定を専門家と相談して決めていけるのでPV数が伸び悩んでいる場合なんかには特効薬となる可能性もありますね!

メリットが多い代行タイプですがそのネックは費用です。文字単価は5円以上の場合が多いです。それ加えコンサルティング料がかかってくる場合もあります。

お金はかかりますが専門家と相談できるのは魅力的ですよね。余裕があればぜひ試してみてください!

 

今回はブログ記事の外注について用意すべきマニュアルと記事製作代行会社のサービス内容のご紹介いたしました。最後にまとめます!

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

まとめ

直接ライターさんに依頼する場合は

  • キーワード
  • 記事の目的や想定読者
  • 文章のルール
  • 禁止事項

などを詳細に記載したマニュアルの製作が必要になります。

それに対して記事製作代行会社に外注した場合はキーワードやペルソナ設定のみでマニュアルの簡素化が可能です!

記事の内容から相談できるタイプでは専門家の意見をもとにキーワード設定からすべて外注することが可能になります。

 

ブログ運営において時間の短縮だけでなく、PV数が伸び悩んだ場合も記事製作代行会社を利用してみるのも一つの手ではないでしょうか。

お金はかかってしまいますが一度は試してみることをおすすめいたします!

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.