法人メディア向け

記事執筆を外注する時の文字単価の相場は?外注先と相場を解説します。

投稿日:

ウェブライティングにおいて記事の執筆を外注する際、外注先や外注の方法、相場がわからず困っていませんか?記事を外注する方法や単価の相場について解説します。

記事の外注にはどんな方法がある?相場は違うの?

記事を外注するには主に2つの方法があります。クラウドソーシングで広く一般からライターを募る方法と、記事作成代行会社に依頼し、プロのライターに依頼する方法です。それぞれどのような違いがあるのか、メリット・デメリットや相場をよく理解し、どちらに外注するかを決めましょう。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとはサイトにワーカーとして登録しているライターに広く募集をかけることで、記事の執筆を依頼できるシステムです。つまり、フリーランスのライターとのマッチングサービスです。

ウェブライティングを外注できるクラウドソーシングのサイトとしては、クラウドワークス、ランサーズなどが代表的です。クラウドソーシングを利用すれば、直接ライターを探して執筆を依頼できます。

クラウドソーシングでは、安価で、たくさんの記事執筆を発注しやすいのがメリットです。しかし、登録しているライターはライティング初心者からプロまで様々で、記事のクオリティが一定水準にならないことや納期が守られないなどの問題がおこることもあります。

発注者側で、契約前にライターの実績やプロフィールをチェックする、テストをする、また校閲に人員をさくなどして、記事の質を管理する必要があります。また一般からライターを募るので、SEO(検索エンジン最適化)への意識が甘く、読者を集めにくい記事になりがちです。発注者はキーワードの指定などの工夫・労力が必要となります。

とにかく記事を大量に確保したい時にはクラウドソーシングは非常に有効といえるでしょう。

記事作成代行会社を利用する

もうひとつの方法は記事作成代行会社に依頼することです。記事作成代行会社では、しっかり教育を受けた、ラティング実勢を持つプロのライターが多数在籍しています。

記事のテーマに合わせた高い情報収集能力、SEOの知識も深く、ライティング実績や、法人による納期・記事品質への保証があります。読者がどのサイトのどのページに長く滞在したかなどの情報を分析することで、よりSEOの精度をあげていくなどの向上努力など、個人のライターとは違った強みがたくさんあります。また、決まった相手としっかり打ち合わせができる点も大きなメリットでしょう。

もちろんその分、1つの記事に対してクラウドソーシングよりもコストが大幅にかかり、たくさんの記事を確保しようとするとコストの差がどんどん膨らみます。メリットは大変多いのですが、コストの面で発注をためらってしまう方も多いかもしれません。このコストを「投資」と考えられるかという点に尽きるでしょう。

記事作成代行会社でも無料、もしくは安価でテストライティングをしてくれるところが増えているので、実際に執筆してもらい、クラウドソーシングと比較してみるといいでしょう。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

記事外注の文字単価の相場はどれくらい?

では、クラウドソーシング、記事作成代行会社では、どれくらいコストに違いがでるのでしょうか?それぞれに依頼した場合の文字単価の相場を比較してみましょう。

クラウドソーシングの文字単価の相場

クラウドソーシングで記事の執筆を発注する場合の相場は、文字単価にして0.5~1円ほどになりま

クラウドソーシングでは、発注者側が報酬を提示し、ライターが応募する形になります。記事内容が専門的でなければライターは集まりやすく、文字単価を高く提示するほどライターその理由の応募は増える傾向にあります。持っじ単価をあげることで多くのライターを集めたり、その中からテストライティングで良いライターを選抜したりすることも可能でしょう。

1記事3000文字で1500~3000円という値段で発注できるのはとても便利ですが、そのぶん発注者側が品質管理の手間をかけることになります。

記事作成代行会社の文字単価の相場

記事作成代行会社に外注する場合の文字単価は、文字単価にして1.5~10円とばらつきがあります。

代行会社によっても、3.5~6円、6.5~7円などと値段設定の幅に大きく差がでます。近年特に価格競争が激しく、値段の設定にもさまざまな違いがあります。おまかせコースやしっかり打ち合わせをするコースなど、コースごとに値段設定がされていることもあります。簡単なコラム程度ならおまかせでいいという場合は安価で発注することもできますね。

また、記事内容によっても文字単価に違いがでます。日常生活のようなコラムは安く、専門的な記事になると文字単価の設定が高いというように、内容によってばらつきがあります。

記事作成代行会社に外注する場合は、3000文字の記事で、3.5円なら10500円、6.5円なら19500円というように幅はありますが、クラウドソーシングに比べると高額になります。しかし、オンラインの記事はSEOの精度でプレビュー数の差が顕著に出ますから、多くの読者を呼び込むには必要な投資とも言えます。

まとめ

記事執筆を外注する際の相場について、お役にたてたでしょうか?ウェブライティングではコストだけではなく費用対効果を重視することが大切です。

たくさんの記事を量産したい場合、専門的な記事のように質の高いライターを確保するのが難しい場合、ひとつの記事でたくさんの読者を集めたい場合など、目的にあわせて使い分け、円滑にサイトを運営できるようにしたいものです。

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.