法人メディア向け

コンテンツマーケティングの手法と効果が見えるまでの期間とは

投稿日:

Webマーケティングはもはや当たり前になった昨今ですが、その手法は多様化しています。いま急上昇中のコンテンツマーケティングというワードを聞いたことがある人は多いかもしれません。しかし具体的にどのような考え方でなにをすればいいのか、具体的に説明するとなると案外難しいものです。ここでは、ずばりコンテンツマーケティングとは何かを把握し、効果を出すための考え方について解説していきます。

コンテンツマーケティングの効果とは

コンテンツマーケティングとは、読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をとおして見込み顧客を引き寄せ、そのニーズを育成、購買を経て、最終的にはファンとして定着させることをめざす一連のフローの呼び名です。

コンテンツマーケティング効果の意味

コンテンツマーケティングは、その言葉通り「コンテンツ」と「マーケティング」から成っていますね。Web制作の世界でコンテンツとは、サイト内の各ページに掲載されている文章や画像、動画などの情報そのものを指します。サイト運営を企画する場合、どんなコンテンツを配信するかということはデザインやSEOよりもさらに基本的な部分です。

マーケティングという言葉はよく聞かれますが、Wikipediaより引用すると下記の通りです。

マーケティングとは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

この顧客のニーズを解明し販売や情報提供をしていくプロセスに、Webコンテンツを活用し配信していく手法がコンテンツマーケティングなのです。

コンテンツマーケティングで効果を出すための目的

コンテンツマーケティングの目的はもちろん最終的には売上や利益の拡大なのですが、そのプロセスとして、見込み客を引き寄せ、関係性を維持し育てていくことを重要と考えます。潜在顧客を引き寄せることから始まり、購入者やリピーターとして育てていくわけです。

コンテンツマーケティングで効果を出す手段とは

スマホやタブレットの普及とともに、動画配信サイトやニュースサイトをはじめとしてWebで情報を受け取ることがごく一般的になりました。これまでマーケティングといえばWeb広告がメインでしたが、明らかに広告とわかるものを開くのは、ある程度購入意思のあるユーザーに限られてきます。

コンテンツマーケティング手法では、興味はあるが購入意思はない、あるいは、今はまだ興味すらないという潜在層に対して働きかけ、寄り添い育てていきます。具体的には、まずはニュース配信やブログ、YouTube動画やInstagramなどで興味を持ってもらい、何らかの行動を促すように働きかけます。メルマガ配信などより常に情報を提供し続けることで顕在顧客に近い対象として育てていきます。

コンテンツマーケティングの効果

コンテンツマーケティングの効果を実感するためには、最初に目標を設定する必要があります。目標といっても、いきなり売上を倍にしたい!というような漠然としたものでは、効果を実感するのに大変な時間がかかり、予算も必要となれば継続することも難しくなってきます。ではどのように目標設定をすれば良いのでしょうか。

コンテンツマーケティング効果の目標設定

まずは現状分析が基本です。自社サイトあるいは外部コンテンツへのアクセスがどれくらいあるのか。どのような層が見にきているのか。問合せの数はどのくらいあるのか。これを分析し、より興味を持って欲しい部分とそのターゲットを明確にした上で、目標である数値を設定していきます。

コンテンツマーケティング効果の経過分析

目標が決まったら、ニーズにあわせたコンテンツの作成をしますが、公開したら終わりということは当然なく、公開後の定期的なデータ収集と解析はとくに重要です。分析した結果から、コンテンツを修正したり方向性を変更したりする、そのプロセスこそがコンテンツマーケティングそのものなのです。

コンテンツマーケティングの効果と期間

コンテンツマーケティングを始めて、翌月の解析結果を見て「先月と変わらない」とあきらめてしまうのは早すぎます。効果が出始める時期は、だいたい6ヶ月後と言われています。場合によっては年単位で見ていったほうが良い業種もあるでしょう。潜在顧客が顕在顧客になるまでには、それなりの期間を要します。長い目でみて費用対効果を見極めていくことが大切です。

まとめ

コンテンツマーケティングは、これからの時代にはなくてはならないマーケティングの考え方です。なんとなく流行りだからと飛びついたり、Web制作会社に丸投げしてしまうのではなく、自社での活用を検討する場合には目的をしっかり持って、効果がでるまでの期間はデータを冷静に追いかけながら、配信するコンテンツを繰り返し検討していくことが大切です。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.