法人メディア向け

ライターに記事作成代行を依頼したい!文字単価の相場はいくら?

投稿日:

現在では、本業の傍らでお金を稼ぐ「副業」をする方が急増しています。副業のなかでも「ブログ・サイト運営」は一度波に乗ることができれば、手をかけずにお金を稼げるため人気があります。しかし、ブログ・サイト運営をするにあたって、必ずなくてはならないものが掲載する「記事」です。記事がなければ読者は集まりませんよね。記事作成は意外にも時間がかかり、労力を使います。そんな時に利用したいのが、記事作成代行。記事作成を他の人に任せれば、労力を使わずに済むのです。今回は、記事作成代行を依頼する際の文字単価相場について、ご紹介します。

 

ライターに記事作成代行を依頼する時の文字単価相場

早速、本題に入りたいと思います。記事作成代行を依頼する際には、依頼先として2つの選択肢があります。1つ目が「クラウドソーシングサービス」、2つ目が「記事作成代行会社」です。この2つはライターの技術やスピード、記事の質などが大きく変わってきます。それによって文字単価の相場も変わるので、それぞれの特徴と合わせて文字単価相場もご紹介します。

 

クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスとは、仕事を依頼したい方と仕事を探している方を効率よく結びつけてくれるサービスのことです。現在では「クラウドワークス」や「ランサーズ」などを利用している方が多くいらっしゃいます。クラウドソーシングサービスは、アカウントを登録すればすぐに副業を始められるため、副業初心者からベテランまで幅広い方がいらっしゃるのが特徴です。最近は副業をする方が多くなってきたので、クラウドソーシングサービス上に副業初心者が多いということも事実です。そのため、文字単価は比較的リーズナブルで、相場は0.5〜1.0円とされています。安い案件であれば0.1円で契約をしている方もいらっしゃいます。

 

記事作成代行会社

次に、記事作成代行会社です。記事作成を代行することでビジネスを成り立たせている会社であるため、記事作成のプロフェッショナルが集まっています。検索対策などがしっかりとされており、読みやすい記事を作成してもらえるため、記事の質に安定感があるのが特徴です。しかし、記事のクオリティが上がるということは、文字単価もその分アップします。記事作成代行会社に依頼した場合の文字単価の相場は、1.5〜10円とされています。クラウドソーシングサービスの3〜10倍にもなるため、本気でブログ・サイト運営でお金を稼ごうと考えている方以外は手を出しづらいというデメリットがあります。

 

内容によって文字単価が変わることも

クラウドソーシングサービスと記事作成代行会社の文字単価相場をご紹介しましたが、どちらも「○〜○円」というように文字単価相場に幅があります。その幅は依頼主の考えということもありますが、大きく関わるのは記事の「内容」です。記事が「○○の体験談」や「ブログ記事」などの誰でも書けるような内容である場合は文字単価が安く設定されます。逆に

「金融」や「医療」などの専門的な知識が必要な内容の場合は文字単価が高く設定されることが多いです。

 

相場より少し高く設定するとライターが集まりやすい

「節約しつつ、記事作成代行を依頼したい」と考えている方は、クラウドソーシングサービスを利用することがオススメです。しかし、クラウドソーシングサービスではライターを募集して、応募が来るのを待つことになるので、少し時間がかかる可能性があるのです。どうしても急いでいる場合は、記事作成代行会社に依頼するのが一番でしょう。クラウドソーシングサービスでライターの応募数を集めたい場合は、文字単価を相場よりも少し高めに設定しましょう。ライターは作成する記事の内容もそうですが、ベテランになればなるほど文字単価をしっかりと確認しています。0.1円などの安すぎる文字単価では、良いライターはなかなか集まりません。

より良いライターと出会うためにも文字単価は少し高めに設定し、応募を募るようにしましょう。応募されたとしても、先着順で契約するわけではありません。テストライティングなどを経て、実力を見極めた上で契約する方を決めれば、ライター初心者と契約してしまうことも少ないでしょう。

 

まとめ

記事作成代行を依頼する際の文字単価相場について、ご紹介しました。

クラウドソーシングサービスでは0.5〜1.0円、記事作成代行会社では1.5〜10円ということが分かりましたね。前者は予算をかけずに記事作成の労力を減らせるものの、記事のクオリティが担保されておらず、後者は予算がかかりますが、その分確実に良質な記事を得ることができます。何に重きを置くかで、どちらの選択肢を選ぶかが変わってきますので、あなたの基準でどちらか決めるといいでしょう。どちらか決めかねるという方は、とりあえずクラウドソーシングサービスで記事作成代行を依頼し、どれくらいのクオリティの記事が上がってくるか確認するのもいいかもしれません。

おすすめ記事制作代行サービスALVO

記事制作代行サービスは多数ありますがその中でも、特におすすめしたいのがALVOという記事制作代行サービスです。

記事制作代行をしても残ってしまう下記の作業もふくめてまるっとALVOに任せることができます。

キーワードだけ指定すれば下記の業務をまるっと対応したあとで簡単にインポートできる形式(xml)で納品してくれるのでほぼ何もしなくても記事が更新されるという状況を作れます。

ALVOが記事制作に加えて代行してくれる作業

  • タイトルや見出しを考える作業
  • 納品物をWordpress等に転記する作業
  • 画像挿入やテキスト装飾等の作業

また、SEO対策にも力をいれており、上位表示しやすいキーワード選定についてもアドバイスをもらうこともできるので初心者の方やこれからメディアを作っていく方に特におすすめです。

公式HPはコチラ

発注相談はコチラ

 

Copyright© stepia , 2020 All Rights Reserved.